前へ
次へ

看護師は医療現場で不足しています

日本の医療現場において人材が不足しているというのはほぼ間違いないことになります。
データとしてそれがはっきりとしているといっても過言ではないでしょう。
その最たるものというのは看護師の不足になっています。
就業者数は実は年々増えているのですが離職率がそこそこ高い職業でもありますので需要に対して供給が足りないということになっています。
医療現場というのはさすがにかなり厳しいところも多くありますし、周りの人間関係もごちゃごちゃしていたりというパターンもありますのでそれが嫌気をさす原因であったりします。
人が足りていないのでギスギスしてと言うのであれば供給を増やすことによってそれなりにどうにかできるとは言えるのですが人間関係による辞職というのは基本的には外部がどうにかできるということではありませんので実はかなり難しい問題ではあります。
しかし、医療関係の仕事として安定しているのが看護師ですから目指す人が減るということはないでしょう。

Page Top